虹色プライヴェイトflavor

虹色プライヴェイトflavor

精神が女児な人の備忘録

輝く自分を抱きしめたい話

プリキュア、S☆Sの頃からもう12年ぐらいずっとずっと見てきてるけど今が一番「もういいかな…」ってなりかけてるぐらいには色々面倒くさいことになってんの、どうにかならないもんかね。オールスターズメモリーズがあまりにも最高だった気持ちが儚く溶けていく。

免罪符でも何でもなくプリキュアという存在が好きで、プリキュアポケモンからオタク人生始まったし、プリキュア5のスタンプラリーをけがで入院して行けなかったのをしばらく悔やんだし、プリキュアそのものが青春なので、シリーズの好き嫌いはなるべくしたくない一方で、プリリズに足元をすくわれ出した頃のスマイルや面倒くさい恋沙汰が多かったハピチャでちょっと冷めていたのは事実なんだけど(でも間のドキプリはマナ最強で夢原2世を感じられて爽快だったからちゃんと面白かったよ)
HUGはそれらの倍は憂鬱さを感じるぐらい社会的な主語の大きさがどんどんくどくなってきてるのが嫌だから、下から数えた方が早いシリーズになりそうだな………という気持ちが段々募っている………
19話はまだマシというか、ありのままの自分でいられる服装に対して性別の違いによる旧来の価値観に囚われてはいけないという、社会的な主張がHUG自体の持つ自己肯定の主題にちゃんとリンクしていたからちゃんと面白かったと思ってるけど、あの時点で”男の子でもシンデレラになれる”というアンリの意志を無視したバズり方をしていたのが嫌な予兆になっていたことになるから、相対的に株が下がってしまう。

本当に前2つのまほプリとプリアラが、本当の意味で色んなものから解き放たれたように自由な楽しさと華やかさに溢れていて、それでも朝日奈みらい達や宇佐美いちか達の抱く主張もその中にふっと織り交ぜられているのが最高だったので、まほプリとプリアラのノリが切に恋しい。(まあプリアラは3割ぐらい文句もあるけど…)

毎週プリキュアを楽しく見ているのが「当たり前」になってるので、電気とガスと水道と同じぐらい自分の中では大切というか精神的な「インフラ」だから、その、本当に腫れ物みたいに扱われているし自分もそう感じている今を見る度に憂鬱になる。そんなの私の見たいプリキュアじゃない!

でも、今はプリチャンにアイカツにアニポケにプリレジェにウザメイドと、ありえないぐらい面白いアニメが最低5本はあってだいたい週末に固まってるのでテンションの上がり下がり激しすぎてもたないよ。プリレジェはまるで実写みたいにイケメンな王子が大渋滞するしね。ある意味充実していると思う。
プリチャンは単純明快で地に足着いてるのにはっちゃけていて最高だからプリパラロスとか抜かしてないで楽しめ。
めるめると萌黄えもえも早くシャッフルデュオ組んで。

基本的に読んだちゃおの覚え書きというスカスカなブログだけど、近日中に大きい記事を投下する予定。

映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ 感想

映画「HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ」オリジナルサウンドトラック

映画「HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ」オリジナルサウンドトラック

去年の映画は理想のプリアラだったけど、
今年の映画は理想のオールスターズであり理想のHUGプリだった…
(去年の感想 http://aib-parfait.hateblo.jp/entry/2017/10/28/000000

スプラッシュスターの頃からリアルタイムで接しています。
5とフレッシュとハートキャッチとGoプリンセスとまほプリとプリアラが特に好きです。15本中6本が本命ならとっくに最高では?
でも最近グラブルの初代コラボストーリーでも泣きました。

映像の使い回し的な意味ではなく過去を踏まえた上でアクセルを踏むタイプの「思い出ボム」なので、そんな付き合いが長い人ほど今回の映画は堪える。

ドリームとピーチとブロッサムとフローラとトゥインクルとミラクルとマジカルとホイップとパルフェが特に好きなので、自分だけで9人分ライト振れる。
(夜上映の大人9割だったので、灯ったライトの光は1つだけでした)
(見た目ならマシェリも好き…見た目だけか!?)

以下ネタバレ注意

続きを読む

今月のちゃお 2018年11月号

件の枕カバーが通販までも中止に追いやられたのが残念でならない。
変につまらないフェミ層にヘコヘコして二転三転するぐらいなら、最後まで販売強行するか最初から全部やめとくかの二択で良いのに。


12歳。
4角編はズルズルやりすぎなので、皆見のことフッたんじゃなかったっけ?って思ったけどこれからカコ取り合うらしい

プリプリちぃちゃん
夕花は連載当初中2ぐらいで今高2だから、周防への片思い期間ずいぶん長かったですね…

ひかりオンステージ
ライバルとの同棲にイケメン枠に助けられるシーンにうっかり見られて修羅場不可避と、王道だらけで面白くなってきた
し、現代版きらレボになるかもしれない

ゲキカワデビル
アイカツが6cm上の景色なら、こっちは10cm上の景色だ…(無茶な厚底)
せっかく助け舟を出しても死んだ元カレの影を勝手に重ねられてアモンが報われない

はろー!マイベイビー
小梅に毒親の気が感じられる…

きらめきランウェイ
自由奔放とサボタージュを履き違えてはいけない
モデル業に真剣でスポ根文脈もあって、現状ゲキカワデビルの次に面白い

漫画版アイカツフレンズ
白百合かぐやが自分らしく独立して輝くアイカツ文脈飲むなんて潔い…

漫画版キラッとプリチャン
あんなの良い奴ぶりが垣間見えて好感持てるけど、迷子の子供をダシに使うのはいささか博打じゃないですかね?

巻末のまんがスクール、14歳の子がタオルオタクな女子が恋愛する作品でストーリー5点満点貰っているのに対して成人の応募者が2とか貰ってるの、才能の暴力って感じ。

ちゃおデラックス 2018年11月号

作品の数が多いので読むのに骨が折れる…

続きを読む

今月のちゃお 2018年10月号

ちゃお 2018年 10 月号 [雑誌]

ちゃお 2018年 10 月号 [雑誌]

やぶうち優先生35周年おめでとうございます。
ドーリィカノン、まほちゅー、ゲキカワデビルと割と最近の作品しか読んでないけど
最近の現代的な絵柄はキャッチーに可愛くて好き。

続きを読む